【中山牝馬S】追ってひと言

2021年3月11日 05:30

 ▼アルーシャ(藤沢和師)最後まで本当に良くなった。引退レースで張り切ってやっているわけではないが調子はすこぶるいい。

 ▼インターミッション(手塚師)状態は悪くない。1800メートルは初めてだけど中山なら守備範囲内だろう。

 ▼サトノダムゼル(堀師)今回はカイバ食いが良く、スクミもなくて落ち着きがあり、心身がまとまっている。

 ▼シーズンズギフト(黒岩師)先週しっかりやったので今週は力みがなかった。もう少しいい位置で脚をためられれば。

 ▼デンコウアンジュ(荒川師)変わらず順調。前走は見せ場があったけど、結果的に内が荒れていて伸びなかった。

 ▼フェアリーポルカ(西村師)少し速くなったけど問題ない程度。前走を叩いて、より動けるようになっている。

 ▼ランブリングアレー(友道師)併せるとムキになるので単走。いつも通り動きは良かった。ハンデ(55キロ)は重いけど好レースを期待。

 ▼リアアメリア(福永)追うごとに良くなっている。競馬に乗ってみて確認しないと分からないところはあるけど、能力ほど走り切れていない感じもする。

 ▼ロザムール(上原師)予定通り。気分良く大外の馬場のいいところを通ってきた。52キロを生かしてうまく立ち回りたい。

特集

2021年3月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示