コントレイル大阪杯へ初時計!矢作師は「何の問題もありません」

2021年3月11日 05:30

坂路を駆け上がるコントレイル (撮影・亀井 直樹)

 大阪杯(4月4日、阪神)から始動する昨年の3冠馬コントレイル(牡4=矢作)が帰厩後初時計をマーク。坂路に乗り出し馬なりで4F55秒9~1F13秒2。動きを確認した矢作師は「楽走。帰ってきた土日はうるさかったが、今朝は落ち着いていた。来週、再来週は祐一(福永)を乗せて併走でやる予定。何の問題もありません」と話した。

特集

2021年3月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示