【中山牝馬S】戸崎がドナアトラエンテ重賞初V導く!サウジ遠征後の自主隔離明け「素質を感じていた馬」

2021年3月11日 05:30

海外から帰国後の自主隔離が明け、調教騎乗を再開した戸崎(撮影・郡司 修)

 ピンクカメハメハで2月20日のサウジダービーを制した戸崎圭太(40)が、2週間の自主隔離を終えて久々に美浦トレセンに姿を現した。「(隔離中は)家の掃除をしたり映画を見たり。大それたものではないけど、英語も勉強していました」。サウジカップデーで騎乗したピンクカメハメハ、チュウワウィザード、マテラスカイはそのままドバイワールドカップデー(27日、メイダン)に向けて現地入り。来週末の競馬後、追って再遠征する戸崎は「なかなか日本人騎手が海外で乗る機会はないですからね。いい経験になるし、刺激になります」と意気込んでいた。

 今週の中山牝馬Sはジェンティルドンナの全妹ドナアトラエンテ(牝5=国枝)と19年10月(1勝クラス3着)以来のコンビ結成。「元々素質を感じていた馬。前は気性に難しい面があったイメージだけど、最近はそれも出さなくなったのかな」と期待を口にする。サウジアラビアで見せつけた巧腕で待望の重賞初勝利に導く。

特集

2021年3月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示