【大井11R・大井記念】ミューチャリー連覇だ!

2022年5月25日 05:00

ミューチャリー

 (15)ミューチャリーが主役を担う。昨年のこのレースを6馬身差の圧勝。11月の金沢JBCクラシックではオメガパフューム、チュウワウィザード、テーオーケインズなど、そうそうたるメンバーを退けてJpn1制覇を飾った。今年2戦、当時の勢いからは、ややトーンダウンしたが心配はいらない。前々走は距離不足が敗因。前走は4角で前が壁。完全に仕掛けが遅れた。決して力負けではない。今回は大外枠。ここなら包まれる心配はない。自慢の決め手を繰り出して連覇達成だ。

 ▼ロードゴラッソが相手筆頭。中央重賞勝ち馬が前走で鮮やかに復活した。ここも上位争いに加わる。フィアットルクスも侮れない。

 ▼ロードゴラッソ(佐々木仁師)ブリンカーを着けたことで集中して走れるようになった。順調に来たし大井2000メートルも問題ない。

 ▼キタノオクトパス(張田師)来た当初より攻められるようになって良くなっている。いい経験になれば。

 ▼タイムフライヤー(内田師)前走は馬場が重かった。力はあることは確か。あとは展開がかみ合えば。

 ▼ノーブルサターン(佐野師)大きくは変わっていない。ひと脚は使えるので中団で競馬ができれば。

 ▼ノンコノユメ(荒山師)前走の追い切りとは動きが違った。メンバーはそろっているが、まだやれそう。

 ▼アールスター(森下師)状態は追うごとに良くなっている。何とも言えないがダートもある程度は対応できると思う。

 ▼フィアットルクス(藤田師)息の入りがいいし体の感じも良くなっている。今回はブリンカーを着ける。

 ▼セイカメテオポリス(渡辺和師)1週前に単走でいっぱいに追っていいタイムが出た。ガクッときていないし馬の力が底上げされた感じ。

 ▼ミューチャリー(矢野師)前走は勝負どころで外に出せず悔しいレース。戦ってきた相手を考えれば、ここは連覇を期待したい。

 大井競馬のスポニチ予想がコンビニ各社のプリントサービスで1枚200円で販売中(各開催日午前7時~午後9時)。鉄板レースや指数などの情報も。
詳しくはhttps://www.e-printservice.net/content_detail/spopriへ。

特集

2022年5月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示