【日本ダービー】オニャンコポン まだ成長できる、小島師「レベルを上げられそうな雰囲気ある」

2022年5月25日 05:30

オニャンコポン(撮影・郡司修)

 オニャンコポンは小島師を背にWコースで軽く汗を流してから坂路を4F66秒8で駆け上がった。小島師は「順調。走り方が安定してきて一段階レベルを上げられそうな雰囲気がある」と好調を伝えた。同じく京成杯を勝ってクラシックに臨んだ父エイシンフラッシュは皐月賞3着からダービーV。孝行息子も逆転の戴冠を狙う。

特集

2022年5月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示