【日本ダービー】ドウデュース武豊「先頭でゴールを切ることしか考えていない」6度目Vのイメージ高める

2022年5月25日 09:00

武豊

 世代の頂点を決めるG1・日本ダービー(東京競馬場、芝2400メートル)を29日に控え、ドウデュース(牡3=友道)で史上最多6度目の制覇を狙う武豊騎手が25日、共同記者会見に臨んだ。

 ――皐月賞を振り返って
 「1番人気に支持してもらっていただけに、3着というのは残念だった」

 ――最後の脚は目を見張るものがあった
 「前半、ためるだけためたので。その分、ラストはよく伸びてくれたけど、やはり中山でちょっと前と距離が開きすぎた」

 ――ダービーに向けての収穫は
 「まずは距離に対してやはり、2000でどうなのかなってところも多少あったけど、前走を見る限りはまったく問題なかったし、これなら2400でも、とレース後に思った」

 ――2歳時から3歳時の成長は
 「2歳夏にデビューしたけど、その時から完成度は高くて。その後も順調にきっちりと目標のレースを一戦ずつこなしてくれて、2歳チャンピオンになってくれた。。年が明けても、ここまでずっと順調にきているので、すごい馬だと思う」

 ――1週前追い切りに騎乗した。友道師からはどんな指示が
 「『皐月賞の後も順調なので、しっかり強めの調教でも大丈夫』と言われた。(1週前は)良かった。いつも動く馬だけど、迫力もあったし、いい動きだった」

 ――最終追い切りはチェックしたか
 「見てないですけど。今、友道先生、スタッフと話したけど『何も言うことないよ』と言っていたので心配していない」

 ――この馬の課題はあるか
 「まあ、欲を言えばきりがない。ただ、潜在能力は高いし、レースセンスもある。馬場状態もそれほど問わないのかなと思う。欠点の少ないタイプの馬。この世代は強いけど、その強い馬たちの1頭だと思う。課題というより、いいところがいっぱいある」

 ――今年は久々に大勢のお客さんが入る。歓声も大きい、ドウデュースのメンタルは
 「この馬に関しては、そういう面では気を使わなくていいかなと思う。普段から非常に穏やかな馬。皐月賞もそんなにイレこむことなく、マイペースな馬」

 ――思い描くレースは
 「先頭でゴールを切ることしか考えていない。後はそれに向けての準備を今からやっていきたい」

 ――20、30、40代でもダービーを制して50代
 「この馬に昨年の夏に初めてまたがった時から意識していたレース。ずっとコンビを組ませてもらって、ここまできて。こういうチャンスをいただけたので、ここはほんとにモノにしたいと思う。どの馬も、どの関係者も全員が目指しているレース。ハイレベルで厳しいレースにはなると思う。ただ、チャンスのある1頭だと思う」

 ――ダービーに勝つ馬とは何が違うのか
 「やっぱり勝つべく馬が勝ってきたんじゃないかなと思う。それはレース前には分からないけど、終わって感じるのは、そう思う」

 ――ファンに向けてメッセージを
 「我々、競馬関係者全員が目指しているレースだし、夢の舞台。ファンも楽しみにしてくれている方も多いと思う。そういうレースにふさわしい騎乗をしたい」

特集

2022年5月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示