【日本ダービー】プラダリア 歴史の扉を開く、池添学師「もうそろそろ優勝馬が出ても」

2022年5月25日 05:30

調教へ向かうプラダリア(撮影・亀井直樹)

 歴史の扉をこじ開けるか。プラダリアは過去に優勝がない青葉賞をステップに本番へ向かう。火曜はCWコースで調整。過去10年を見ると勝ち馬は9頭出走して2着、3着が1回ずつ。池添学師は「優勝馬が出ていないだけで、直結してないわけではないんですよ。前走の長距離輸送も体が減ることなく、カイバは食べていました。対戦したことない相手とやるし、その点で楽しみはあります。もうそろそろ(青葉賞から)優勝馬が出ても」と色気を持っていた。

特集

2022年5月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示