【宝塚記念】復権期すエフフォーリアは2枠4番 水出助手「偶数の内枠はいい」

2022年6月23日 18:00

森林馬道で運動するエフフォーリア(撮影・郡司 修)

 上半期を締めくくるG1・宝塚記念(阪神競馬場、芝2200メートル)を26日に控え、23日に枠順が確定。昨年の年度代表馬で、大阪杯9着からの復権を期すエフフォーリア(牡4=鹿戸)は2枠4番となった。

 水出助手は「阪神はまだ開催2週目ですし、偶数の内枠はいいと思います」と歓迎ムード。22日の追い切りで初めて着用したブリンカーの効果はてきめんで「動きは良かったですね。(ブリンカー着用で)ゲートの練習もして大丈夫でした」と不安はない。

 この日はダグのみで汗を流し、逍遥(しょうよう)馬道でリラックス。鹿戸師は「雰囲気はいつもと変わらない。(ブリンカーは)追い切りで着用したのと同じサイズのものになると思う」と明かした。

特集

2022年6月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示