【宝塚記念】タイトルホルダーを管理する栗田師 同型の存在も「今回もリズム良く走らせるだけ」

2022年6月23日 05:30

タイトルホルダーの追い切り後、会見に臨む栗田師(撮影・郡司修)

【栗田師に聞く】
 ――天皇賞・春を振り返って。
 「課題をクリアして強い勝ち方だった。ジョッキー(横山和)も手の内に入れている。勝ててホッとした気持ちもあった」

 ――中間の様子は。
 「放牧から6月1日に帰厩。帰ってくるたびに肉体面、精神面が進化して調整がしやすくなっている」

 ――舞台と相手関係をどう見る。
 「距離短縮は大きなハードル。この舞台に出てくる馬はみんな強く、前走よりメンバーも強化される。そのあたりを、どう乗り越えられるか」

 ――同型(パンサラッサ)の存在もある。
 「逃げて勝っているが、絶対逃げなければという馬ではない。この馬のリズムが逃げという形になっているだけ。今回もリズム良く走らせるだけ。そこはジョッキーがつかんでいる。あとは信じて送り出したい」

特集

2022年6月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示