【宝塚記念】タイトルホルダー万全!Wコースラスト1Fトップギア11秒2 横山和は不安一切なし

2022年6月23日 05:30

アムールマルルー(左)と併せて追い切るタイトルホルダー(撮影・郡司修)

 “4度目の正直”へ。宝塚記念最終追い。昨年の菊花賞、今年の天皇賞・春とG1・2勝のタイトルホルダーは、美浦Wコースの最終追いで鋭い伸び脚。万全の態勢をアピールした。過去3度の対戦で先着された同期エフフォーリアに雪辱を果たし、名実共に現役最強の座を奪取するか。

 彫刻のように重厚な馬体が、しなやかに弾み躍動する。タイトルホルダーの美しき最終追いだった。アムールマルルー(4歳1勝クラス)を3馬身追走。滑らかにシフトを上げ、ラスト1Fでトップギア。内から楽々と併入した。前半こそセーブしたが、ラスト1F11秒2は1週前追い(11秒9)を上回る伸び。「先週もいいなと感じたが、今週はさらによくなった。走りのリズムも馬の姿勢も。満足というか不安なくレースを迎えられる」。手綱を取った横山和の確信めいた表情が、何より愛馬の充実ぶりを物語っていた。

 「ジョッキーとコンタクトして折り合えていた。息遣い、走りのバランスも上々。ラストもしっかり脚を使えた」。栗田師も非の打ちどころがない動きに満足顔だ。出来は万全。課題は前走から一気に1000メートルの短縮となる距離。「クリアしなければいけないハードル」。慎重に言葉を選んだ栗田師に対し、横山和は「距離は違うが阪神は成績を残している(2戦2勝)。今のタイトルホルダーなら大丈夫。不安には思っていない」。愛馬への信頼は揺るぎない。

 同期のエフフォーリアとは4度目の対戦。皐月賞、ダービー、有馬記念と過去の対戦では、いずれも先着を許してきた。「(昨年の)年度代表馬には3回とも力の差を見せつけられた。肉体面と精神面のバランスが取れ、成長した姿でどこまで差を詰められるか」。指揮官は挑戦者の立場を強調した上で雪辱を期す。

 ファン投票ではエフフォーリアを上回る、歴代最多の19万1394票を獲得。菊花賞で5馬身、天皇賞・春で7馬身。強く、美しい勝利をファンは支持した。「感謝の気持ちと同時に大きな責任を感じる」。栗田師は表情を引き締めた。横山和は「多くの人に応援されての大一番。心待ちにしていたし一番いい形でゴール板を迎えたい」と力を込めた。秋には凱旋門賞挑戦のプランもあるが、まずは目前の一戦に全力投球。大きな壁である同期のスターホースを、並み居るG1馬を撃破して名実共に現役最強の座を狙う。

 《歴代最多得票》ファン投票1位のタイトルホルダーが獲得した19万1394票は、90年オグリキャップの15万2016票を4万票近く上回る歴代最多得票。ファン投票1位馬は65年シンザン、93年メジロマックイーン、06年ディープインパクトなど投票順位別でも最多となる15頭が優勝。ただ、関東馬に限ると82年モンテプリンスの優勝が最後。タイトルホルダーが勝てば、実に40年ぶり、グレード制導入後では初の快挙となる。

特集

2022年6月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示