【宝塚記念 枠順確定】タイトルホルダー3枠6番、エフフォーリア2枠4番 “最強”8枠に入ったのは…

2022年6月23日 14:15

タイトルホルダー(22年5月1日撮影)

  上半期を締めくくるG1・宝塚記念(阪神競馬場、芝2200メートル)を26日に控え、23日に枠順が確定した。

 前走の天皇賞(春)を圧勝し、ファン投票1位のタイトルホルダー(牡4=栗田)は3枠6番、昨年の年度代表馬・エフフォーリア(牡4=鹿戸)は2枠4番となった。

 最近9年で7勝を挙げている8枠には16番にグロリアムンディ(牡4=大久保)、17番にギベオン(牡7=藤原)、18番にポタジェ(牡5=友道)が入った。

1枠1番オーソリティ
1枠2番アフリカンゴールド
2枠3番メロディーレーン
2枠4番エフフォーリア
3枠5番アイアンバローズ
3枠6番タイトルホルダー
4枠7番デアリングタクト
4枠8番ステイフーリッシュ
5枠9番マイネルファンロン
5枠10番ヒシイグアス
6枠11番パンサラッサ
6枠12番ウインマリリン
7枠13番アリーヴォ
7枠14番キングオブコージ
7枠15番ディープボンド
8枠16番グロリアムンディ
8枠17番ギベオン
8枠18番ポタジェ

特集

2022年6月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示