セントライト記念の枠順が確定!

2021年9月18日 11:40

 夏を休養に充てていた5枠7番タイトルホルダーがここで始動戦を迎える。3歳初戦の弥生賞ディープインパクト記念では、のちにNHKマイルCを制するシュネルマイスター、ホープフルS勝ち馬ダノンザキッドを退けて重賞初制覇。続く皐月賞で2着、ダービー6着とクラシックでも世代トップの能力を示していた。急逝した父ドゥラメンテ産駒の一の矢としても最後の一冠は是が非でもほしいタイトル。いい形でステップを終えたい。

 6枠10番オーソクレースは昨年暮れのホープフルS2着も、その後に骨折が判明。春は全休となった。父エピファネイア×母マリアライトの超良血馬だけに潜在能力の高さは一級品。ひと夏を超えてどこまで成長しているか注目だ。札幌で連勝して挑む上がり馬ソーヴァリアントは7枠12番に入った。春の弥生賞では並みいる強豪につづく4着も、上がり3Fはメンバー最速タイと力は示していた。連勝したレースはいずれも完勝と言える内容で、勢いはメンバー随一。

 中の人注目ノースブリッジは4枠5番に入った。これまで4戦はいずれも逃げの戦法。3日間開催の最終日で馬場の状態を見極める必要はあるが、すんなり逃げられれば面白い存在。先日フォワ賞を逃げ切ったディープボンドと同じ一族でもある。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示