スポニチ賞京都金杯の枠順が確定!

2022年1月4日 10:45

 2021年は12番人気のケイデンスコールが優勝し、大きく荒れた中京開催のスポニチ賞京都金杯。今年は果たして。前走のリゲルSでスローペースの中を32秒6の末脚でオープン初勝利を挙げたエアロロノアは6枠12番に入った。おなじみエアデジャヴー~エアメサイアの牝系でポテンシャルが遂に開花。勢いそのままに重賞初制覇を狙う。マイル前後の重賞で安定感が光るカイザーミノルは5枠10番から。前走の天皇賞・秋は14着も、前々走は毎日王冠でシュネルマイスターから0秒3差の5着。適距離に戻って地力強化を確認したい。

 18年マイルCS勝ち馬ステルヴィオは8枠15番に入った。年が明けて7歳となったが前走のスワンS5着も勝ち馬とは0秒3差と大きくは負けていない。見込まれた58キロの斤量の克服がカギとなる。3枠6番シュリは昨年このレースで1番人気5着。晩成型のハーツクライ産駒だけに、6歳を迎えた初戦でそれを証明する可能性も。跨る天才が年始から魅せる。

 中の人は4枠8番のルークズネストの巻き返しに注目。前走の負けは不可解だが、外枠が影響した部分は否定できない。今回は良績ある中京で。強い"4歳"世代の初陣を飾る。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示