無敗7連勝バーイード 欧州マイル路線完全制圧へ

2022年5月19日 05:30

 14日に英国のニューバリー競馬場で行われた欧州古馬マイル路線における今年最初のG1ロッキンジSは、オッズ1・44倍の圧倒的1番人気に応えてバーイード(牡4)が優勝。デビューから継続している無敗の連勝を「7」に伸ばした。

 かつてエリザベス女王が育てたファミリーの出身で、ディープインパクトとも遠い親戚となる良血馬がバーイードだ。デビューが3歳6月と遅かったため、3歳春のクラシックには乗れなかったが、走り始めたところ快進撃を見せ、秋にはムーランドロンシャン賞、クイーンエリザベス2世Sと2つのG1を連勝。21年の世界ランキングで6位タイの評価を受けた同馬の今季初戦となったのがロッキンジSだった。ここも3馬身1/4差で快勝したバーイードの連勝がどこまで伸びるかは、22年の欧州競馬における大きな焦点となっている。

 今後は6月14日のG1クイーンアンSから7月27日のG1サセックスSに向かう予定。日本からバスラットレオン(牡4=矢作)が登録を済ませているほか、英2000ギニー馬コリーバス(牡3)など3歳世代のトップマイラーも参戦するであろうサセックスSが大きなヤマ場となりそうである。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示