目黒記念の枠順が確定!

2022年5月27日 10:30

 57.5キロを背負うボッケリーニは1枠2番に入った。前走の日経賞では次走で天皇賞・春を制するタイトルホルダーを相手に堂々の2着。2走前もAJC杯で3着と、全兄ラブリーデイほどの爆発力は無いが、血統馬らしい安定感が出てきた。浜中も「距離は心配ないし、府中も対応できる」と自信をにじませている。

 もう一頭トップハンデタイの57.5キロを背負うアリストテレスは6枠15番に入った。前走有馬記念では6着、それ以来の一戦となる。今回も手綱を取る武豊は追切の内容には首をひねりつつも「この馬は元々が調教と競馬が直結しないタイプ」と分析。21年AJC杯以来の重賞タイトルを狙う。

 6枠13番に入ったマカオンドールは前走の天皇賞・春で11着。手綱を取った松山は「馬場が合わなかった」とコメントを残した。疲れが心配されるが「うまくとれた」と今野師。力を発揮できれば阪神大賞典4着の実績があるだけに侮れない。

 中の人注目マイネルウィルトスは4枠8番に入った。前走の日経新春杯では1コーナーで不利を受け、勝負どころでも力む場面を見せた。今回は休み明けの一戦も、昨年のアルゼンチン共和国杯2着の時にコンビを組んだM・デムーロに手綱が戻る。持続力が求められる一戦で初タイトルに期待したい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示