【ジャパンC】アーモンドアイ 金曜追いから変わらず 国枝師「順調そのもの」

2020年11月23日 05:30

<ジャパンC>ラストランを制して有終の美を飾りたいアーモンドアイ(撮影・西川祐介)

 3冠馬2頭を迎え撃つアーモンドアイは角馬場で脚ならしをしてから、坂路を4F61秒3~1F15秒1で軽快に駆け上がった。国枝師は「(金曜に)追い切ってからも順調そのもの。変わらないよ」と報告した。史上初の芝G1・8勝目を決めた天皇賞・秋から中3週。短期放牧を挟む調整過程だが「輸送も環境の変化も気にしない馬だから」。大きな影響はなさそうだ。日本が世界に誇るスーパースターのラストランまで1週間。指揮官は「一日一日無事に。何もなくいってほしいね」と率直な心境を明かした。

特集

2020年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示