【東京新馬戦】タケルジャックがデビューV  清水久師「キタサンブラックに似ているところがある」

2020年11月23日 13:26

<東京5R 新馬戦>新馬戦を制した北村宏騎乗のタケルジャック (撮影・西川 祐介)

 東京5R・2歳新馬戦(芝1800メートル)は好位3番手を追走した4番人気タケルジャック(牡=清水久、父ブラックタイド)が直線で伸びて快勝した。

 騎乗した北村宏は「パドックや返し馬では慎重な面があったけど、ゲートを出てからは前向きに走ってくれた。直線でじっくり追い出す形になったけど、最後まで一生懸命に走った。マジメな馬です」と称賛。

 清水久師は「スタートも決めて、いいポジションで走ってくれた。デビュー戦としては文句なしの内容。(同じブラックタイドを父に持つ)キタサンブラックに似ているところがある」と厩舎を支えた大先輩を引き合いに出して目を細めた。

特集

2020年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示