【ジャパンC】コントレイル 馬なりで13秒1「もう一段状態は上がってきている」

2020年11月23日 05:30

<ジャパンC>上昇ムードを漂わせているコントレイル(撮影・亀井 直樹)

 「第40回ジャパンC」(29日、東京)に出走する無敗3冠馬コントレイル(牡3=矢作)と、史上初の牝馬無敗3冠デアリングタクト(牝3=杉山晴)が日曜追い切りを行った。あと6日に迫った8冠馬アーモンドアイ(牝5=国枝)も含めた“世紀の一戦”へ向けて、各馬が着々と歩みを進めていく。

 夜も明けぬ午前4時すぎ、コントレイルは角馬場で入念に体をほぐしてCWコースに姿を見せた。

 ゆっくりと1コーナーから2コーナーへ。無駄な動きは全く見せない。向正面から徐々にピッチを上げていく。半マイルから時計を出し、馬なりで4F59秒6~1F13秒1をマーク。担当の金羅助手が上昇ムードを口にする。

 「直線だけ伸ばすつもりでやりました。動きは良かったですね。息遣いも凄く良かった。1週前追い切りの時よりも、もう一段状態は上がってきています」

 18日の1週前追い切りはCWコースで併せ馬を行った。6F81秒8~1F12秒1と時計面では申し分なかったものの、相手に半馬身後れをとった。矢作師は「もう一段、上げていければ」と話していた。思い描いていた通り、大一番へ向けて着実に前進しているコントレイル。

 ダービー1週前の日曜もCWコースで追い切った。半マイルから4F58秒4~1F13秒5。栗東トレセンは日曜と火曜は左回りで調教が行われる。今回も左回りの東京を想定しながら、同じようにメニューをこなした。「CWコースに入れたのは左回りの確認です」と同助手は語る。調整は順調に進む。注目のジャパンC最終追い切りは、25日に行われる予定だ。

特集

2020年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示