ジャパンC「指定席ネット予約」 競争率11・5倍“プラチナチケット”に

2020年11月23日 14:00

 JRA公式サイトで募集されていた29日のジャパンC当日(東京)の「指定席ネット予約」は22日午後6時に締め切られ、4384の席数に対し、5万587人が応募した。競争率11・5倍のプラチナチケットとなった。引退戦を迎える史上初の芝G18勝馬アーモンドアイ(牝5=国枝)、史上3頭目の無敗牡馬3冠馬コントレイル(牡3=矢作)、史上初の無敗牝馬3冠馬デアリングタクト(牝3=杉山晴)のJRA史上初の3冠馬3頭の対決にファンの注目も集まった。

 デアリングタクトの3冠を達成した秋華賞(10月18日、京都)は778席に対して1万1501人で14・8倍。コントレイルが3冠を達成した菊花賞(10月25日、京都)は778席に対して1万7940人で23・1倍。アーモンドアイの天皇賞・秋(11月1日、東京)は1047席に対して1万9792人で18・9倍。応募者はこの3戦に比べて3倍近く増えたが、入場制限緩和に伴って席数が増えたことで、当選確率は上がった形だ。

特集

2020年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示