【ジャパンC】サートゥルナーリア回避 左トモ飛節に腫れ…打撲か 治療して有馬記念参戦を検討

2020年11月23日 17:39

18日のジャパンC・1週前追いで、池添謙一騎手を背にCウッド単走で追い切るサートゥルナーリア

 6月28日の宝塚記念4着後、ジャパンC(29日、東京芝2400メートル)に出走を予定していたサートゥルナーリア(牡4=角居、父ロードカナロア)は23日、回避が決まった。所有するキャロットファームが発表した。

 左トモ飛節が腫れたため22日にエコー検査を受けた。打撲により、張りが出て痛みにつながったとみられている。23日に栗東近郊のノーザンファームしがらきへ。治療して有馬記念(12月27日、中山芝2500メートル)に参戦できるかどうかチェックしていく。

特集

2020年11月23日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示