【神戸新聞杯】シャフリヤール騎乗の福永 藤原英師と現役屈指の名コンビ

2021年9月26日 05:30

シャフリヤールで今年の日本ダービーを制し、喜び合う福永(左)と藤原英師

 藤原英昭師(56)と福永祐一(44)は現役屈指の名コンビだ。藤原英師がこれまでJRA重賞に挑んだ延べ652頭中、最も多くコンビを組んでいるのが福永の延べ78頭。同師のJRA重賞通算59勝中、騎手別では福永の12勝がトップ。特に16年以降、藤原英師&福永の重賞での優勝馬が10頭と激増している。19年高松宮記念でミスターメロディでコンビによる念願のG1初制覇。今春ダービー(シャフリヤール)がG1・2勝目となった。

 福永は史上5人目のJRA通算2500勝に「あと1勝」と迫っており、神戸新聞杯がメモリアルVとなる可能性もある。

特集

2021年9月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示