【神戸新聞杯】モンテディオ 四位師“好相性レース”から初クラシック参戦だ

2021年9月26日 05:30

 モンテディオは、今年開業した四位厩舎の管理馬。レース前日、坂路でラスト1F13秒0と意欲的に時計をマークした。四位師は「北海道で勝ってからいい形で来ている。同世代のトップクラスと走ってどれぐらいやれるか、今後の指標にもなる」。四位師がジョッキー時代3勝(00年フサイチソニック、08年ディープスカイ、09年イコピコ)した相性のいいトライアルで、トレーナーとして初のクラシック参戦を目指す。

特集

2021年9月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示