【中京新馬戦】ヴィルチュオーズ 差し切り勝ち、松田「センスある」

2021年9月26日 05:30

 中京5R新馬戦(芝1400メートル)は9番人気の伏兵ヴィルチュオーズ(牝=武幸、父サトノアラジン)が道中5番手から余力たっぷりで直線へ。早め先頭のヴァレッタカズマをゴール前でとらえた。

 松田は「スタートもそれなりに出て、いいポジションが取れました。まだ緩さがある中で、この競馬ができたのでセンスはある」とジャッジ。武幸師は「軽い馬場だといい走りをするね。今後は休みながら調整していく」と語った。

特集

2021年9月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示