【中山新馬戦】フルオール 抜け出しV、斎藤誠師「調教の良さが出た」

2021年9月26日 05:30

<中山3R新馬戦>レースを制したフルオール(左)=撮影・郡司 修

 中山3R新馬戦(ダート1800メートル)は1番人気のフルオール(牡=斎藤誠、父ホッコータルマエ)が道中2番手追走から、直線内を突いて抜け出した。

 M・デムーロは「まじめな馬。スタート出ていい所につけられました。直線スペースがなかったけど、開いてからの脚は凄かったです」と笑顔。斎藤誠師は「調教の良さが競馬でも出ましたね。跳びがきれいでいいフットワークをしているけど、血統を見るとダートかな。気性に気をつけて成長させていきたい」と話した。次走はJBC2歳優駿(11月3日、門別)を視野に調整される。

特集

2021年9月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示