【桜花賞】⑯ソングライン抜群の瞬発力で

【桜花賞】⑯ソングライン抜群の瞬発力で

2021年4月10日 05:30

 さあ、桜花賞!今年は混戦で、どの馬にもチャンスはありそう。阪神JF組が人気だが、別路線でも骨っぽい馬も多い。
 本命は(16)ソングライン。新馬戦は上がり最速も、うまく抜け出したクールキャットに届かなかったが、未勝利戦はスタート後方から直線ごぼう抜きの圧勝。紅梅Sも抜群の瞬発力で、それぞれ3馬身差と文句のない勝利だった。相手は一気に強くなるが、ここでも引けは取らない。初の右回りになるが、問題なさそう。スロー、ミドル、ハイと異なるペースに対応できているのも強み。デビューから4戦目になるが、全レースの鞍上が違うのでテン乗りも問題ないだろう。人気もなく面白い存在だ!
 対抗は同じくキズナ産駒の(2)ファインルージュ。新馬戦から徐々に距離を延ばし、前走のフェアリーSで初の右回り1600メートルを一番強い勝ち方で決めた。レースセンスが抜群。エンジンの掛かりは遅いが、スイッチが入ってからの伸びはこの大舞台でも面白い。
 3番手には、本命と対抗に前走で騎乗していたルメールが乗る(18)サトノレイナス。阪神JFは勝ちに等しい2着。スタートを考えたらソダシよりも強い競馬をしていた。ゲートも良化しており、逆転は難しくはない。仕上がりも文句なし。
 他では普通に走れば一番強いだろう(8)メイケイエール。チューリップ賞を道中めちゃくちゃな内容で勝つのだから、まともなら突き抜けるだろう。(5)アカイトリノムスメは初の右回りも血統は魅力。(10)アールドヴィーヴルは全く異なる条件で好走しているのが魅力。(4)ソダシは人気なので馬券的には軽視したいが、勝負根性は並々ならぬものがある。馬券は3連単フォーメーションで(16)―(2)(18)―(3)以外、(16)―(3)以外―(2)(18)、(2)(18)―(16)―(3)以外、(3)以外―(16)―(2)(18)を各500円の6万円勝負!よろしくちゃーん! 

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示