ワード厩舎・カンパネッレ 2年連続V狙う 英で15日開幕「ロイヤルアスコット」

2021年6月10日 05:30

 15日に開幕する英国競馬の華「ロイヤルアスコット」に米ケンタッキー州を拠点とするウェスリー・ワード調教師が9頭もの管理馬を送り込んでいる。

 09年にストライクザタイガーでLRウィンザーキャッスルSを制し、ロイヤルアスコット史上で初めてとなる、北米調教馬による優勝を果たしたのがワード師だ。以降、15年のG1ダイヤモンドジュビリーSをアンドラフテッドで制したのを含めて、王室主催の開催で11もの勝ち星を積み重ねてきた。

 9頭のうち7頭が2歳馬という若い軍団の旗頭を務めるのが、18日に行われるG1コモンウェルスC(芝6F)に出走するカンパネッレ(牝3)だ。同馬は昨年もロイヤルアスコットに遠征し、G2クイーンメアリーS(芝5F)に優勝。2カ月後の8月にはフランスに遠征し、ドーヴィルのG1モルニー賞(芝1200メートル)制覇も果たしている。中間に挫石があった影響で、ここが今季初戦となるが、本番でも手綱を取るデットーリを背に、6日にニューマーケットで追い切られ、軽快な動きを披露している。同馬が王室開催2年連続優勝を果たせるかどうか、今年の大きな見どころの一つとなっている。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示