英障害フェスティバル開催 期間拡大へ高まる機運

2021年6月24日 05:30

 英国における障害シーズンのクライマックスとなるチェルトナム競馬場の「フェスティバル開催」が、現行の4日間開催から2023年に5日間開催に拡大するプランが浮上している。同競馬場を所有するジョッキークラブが21日に「まだ何も決まっていない」としながらも「そういう話し合いが持たれている」ことを明らかにしたものだ。

 フェスティバル開催では現在火曜日から金曜日にかけて28競走が施行されているが、計画によると新たに2競走を創設して30競走とし、火曜日から土曜日まで1日6競走ずつ施行するプランが骨子となっている。

 現状において各曜日のメイン競走には、ハードルとスティープルチェイスのそれぞれのカテゴリーにおける、2マイル路線と3マイル路線の頂点となるレースが組まれている中、新たな開催日となる土曜日のメイン競走には、スティープルチェイス2・5F路線のG1ライアンエアチェイスか、牝馬の最高峰となるG1メアズハードルの、いずれかを持ってくる案が有力となっている。馬主、調教師ら関係者からは、こぞってこれを歓迎する声が上がっており、5日間開催への機運が高まっている。 (競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示