昨年の欧州最優秀3歳牝馬ラブ&G1英ダービーで快勝アダイヤー

2021年7月22日 05:30

 英国における12F路線の最高峰、G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝11F211ヤード)の開催が24日に迫った。

 19日に設けられていた登録ステージで9頭がエントリーした中、ブックメーカーの前売りで人気を二分しているのがラブ(牝4)とアダイヤー(牡3)だ。ラブは昨年の欧州最優秀3歳牝馬。今季初戦となったロイヤルアスコットのG1プリンスオブウェールズSでは「10カ月の休み明け」「牡馬との初対戦」「初の右回り」という三つのハードルを克服し、5度目のG1制覇を果たしている。

 一方、6月5日のG1英ダービーを4馬身1/2差で快勝したのがアダイヤーだ。その後、このレースで3着に退けたハリケーンレーンがG1愛ダービーとG1パリ大賞を連勝。アダイヤーの評価が改めて上昇している。このほか、3月のG1ドバイシーマクラシックで日本が誇る最強牝馬2頭を退けて優勝したミシュリフ(牡4)、G1愛ダービー2着馬ローンイーグル(牡3)などが出走予定。秋の凱旋門賞へ向けて見逃せない戦いとなる“キングジョージ”はグリーンチャンネルで生中継されるので、ぜひご注目いただきたい。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示