【新谷】秋のGⅠ第1弾 思い描いたレース展開

【新谷】秋のGⅠ第1弾 思い描いたレース展開

2021年10月7日 10:00

 ▼木曜日のテーマは競馬。前週に高配当をヒットした記者が「この馬券こう当てた」で的中レースを検証する。先週は秋のG1第1弾スプリンターズSが行われ、3番人気の3歳馬ピクシーナイトがV。3連単3万8610円をしっかりゲットしたのが新谷尚太記者だ。秋のスタートダッシュを決めたが、本人は意外にも浮かぬ顔。その理由とは?

 秋のG1第1弾を3連単で的中。バンザーイ!と小躍りしたいところだが、この原稿を書いている時点では少々、テンションが落ちている。凱旋門賞にスプリンターズSのもうけの大部分を突っ込んでしまったからだ。13番人気(JRAオッズ)の超伏兵トルカータータッソが勝つ馬券はさすがに持っていない。うーむ…。やられすぎて、さすがにクラッときたが、やむなし。勝ち馬はジャパンC(11月28日、東京)に参戦プランがあるというし、その時を楽しみにしよう。

 で、秋のG1の“つかみはOK”となったスプリンターズS。的中の要因は「自分が思い描いていたレース展開になった」こと。これが最大の勝因。いや、思い描いた以上の凄さだった。福永の手綱さばきが見事すぎた。シンザン記念を勝った後、「G1を獲れる馬」とその素質に最大の評価を与えていた。そこまで評価するか…と思ったが、秋にはこの結果だ。まさに有言実行。福永の判断力が光った。

 福永の“予言”を頭に置きつつ、さまざまに考察して、◎ピクシーナイトを決めた。1200メートル戦に起用したCBC賞、セントウルSでいずれも2着。ただ、高いスプリント適性を感じさせた。ともに外枠が響いた印象だが、それでも力強く差し込んだ。条件が変われば、アタマまであると踏んだ。

 最終追いの動きの良さも後押しした。セントウルS2着から中2週。決して楽なローテーションではなかったが、テンションを上げすぎることなく、四肢をしっかりと動かす坂路追い。百戦錬磨の音無厩舎らしい“最後のスパイス”だった。当日の馬の気配も抜群。トモはしっかりと膨らみ、テンションも適度。ベストのコンディションに見えた。

 2馬身差は重量を考慮しても完勝だろう。今後はサクラバクシンオーやデュランダル、ロードカナロアのように王者として君臨すると思われる。追われる立場の方が厳しい。今後、どういう馬へと成長するか興味深い。

 ○レシステンシアは2着。悔しい銀メダルでG1ではツキがない印象だが、今回は展開のアヤもあった。力は認めたい。3着シヴァージに△が回って3連単をゲットできたが、実はもっと重い印を打つ気持ちもあった。1日付の連載「G1リベンジャーズ」でこの馬を取り上げたからだ。坂路での動きは素晴らしく、陣営のトーンは明らかに高くなっていた。結局△にとどめたのは最内1番枠を嫌ったから。痛恨だ。吉田隼の手綱さばきは見事だった。自分を信じれば▲までいけた。◎○▲で3着まで着順通り当てたら最高に気持ち良かったが…。まあ、仕方ない。次回に持ち越し。また頑張りたい。 (新谷 尚太)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示