【秋華賞】 日本の伝統 アカイトリノムスメ&ミスフィガロ

【秋華賞】 日本の伝統 アカイトリノムスメ&ミスフィガロ

2021年10月13日 05:30

 エリザベス女王杯が3歳限定の牝馬3冠目として行われていた時代には、G1(級)勝ち馬の娘、あるいは妹という単純明快な良血馬が周期的に勝利を収め、しばしば波乱を呼んでいた。血統的付加価値のみで母としての未来が約束されているエリート牝馬は、競走馬としての功を急ぐ必要がなく、結果的に素質の開花が3歳秋にずれ込むケースが多い…。これが駆け出しのころにたどりついた仮説。当時とは育成技術も血統も格段に進歩を遂げた現在、血統情報の一般化も相まって穴狙いのセオリーとしては効力を失いつつあるのだが、マクロ的な良血優勢の基本線は変わっていない。

 過去10年の秋華賞馬を見ても11年アヴェンチュラ(08年オークス馬トールポピーの全妹)、12年ジェンティルドンナ(母ドナブリーニが英G1チェヴァリーパークS勝ち馬)、16年ヴィブロス(13、14年ヴィクトリアマイル勝ち馬ヴィルシーナの全妹)、18年アーモンドアイ(母フサイチパンドラが06年エリザベス女王杯勝ち馬)、19年クロノジェネシス(同年ヴィクトリアマイル勝ち馬ノームコアの半妹)と、5頭までをG1馬の娘か妹が占めているのである。

 アカイトリノムスメは10年に牝馬3冠を達成したアパパネの娘で、ミスフィガロは18年ダービー馬ワグネリアンの全妹。今年の出走ラインをクリアした馬では、この2頭が前記の“伝統”に合致する。 (サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示