【オークス】ソダシ1強に待った キズナ産駒歴史繰り返すステラリア

【オークス】ソダシ1強に待った キズナ産駒歴史繰り返すステラリア

2021年5月19日 05:30

 昨年のデアリングタクトに続く無敗の牝馬2冠達成に挑むソダシは、種牡馬クロフネが16世代目にして初めて送り出したクラシックホース。桜花賞を制した時点で、すでに父の15世代に及ぶ血統データを上書きしてしまったことになる。

 今回のソダシで思い出すのはフジキセキ最終世代の14年皐月賞馬イスラボニータ。父にとって最初で最後のクラシックホースとなったイスラボニータは、続くダービーで1番人気の支持を集め、ワンアンドオンリーに競り負けたものの2着は死守している。ちなみにそれまでのフジキセキ産駒のダービー最高着順はドリームパスポートの3着だった。くしくもクロフネ産駒のオークス最高着順も今のところ、11年ホエールキャプチャの同じく3着である。

 キズナ産駒ステラリアは、母の父が英ダービー馬モティヴェーターで、祖母の父ブルーバードが11年優勝馬エリンコートの母の父。東京2400メートルは望むところだろう。05年シーザリオ(父スペシャルウィーク)、08年トールポピー(父ジャングルポケット)、10年アパパネ(父キングカメハメハ)、12年ジェンティルドンナ(父ディープインパクト)は、いずれも父の第2世代。本馬もしかりで、過去の「オークス馬はダービー馬から」のパターンに合致している。歴史は繰り返す、となる可能性は十分だ。 (サラブレッド血統センター)

コラム一覧

その他のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示