秋華賞の枠順が確定!

2021年10月15日 10:30

 京都競馬場の改修工事により阪神内回り2000メートルが舞台。白毛の桜花賞馬ソダシは2枠4番から最後の一冠を狙う。初の黒星となったオークスでは序盤にスムーズさを欠き、レースを通して他馬のプレッシャーが響いた形に。それでも秋初戦の札幌記念では歴戦の古馬を相手に早め先頭から堂々とねじ伏せる完勝。改めて桜花賞馬の力を見せつけた。阪神内回りは合いそうな舞台設定で、白毛馬初のクラシックホースがさらなる勲章を手に入れる。

 ソダシが敗れたオークスで初のGⅠ制覇を飾ったユーバーレーベンは6枠11番から。前哨戦を使わず、近3年の勝ち馬が出ているオークスからの直行ローテを選択。手塚師は「阪神内回りが合うイメージはない」と控えめだが、地力は十分備わっている。7枠14番に入ったファインルージュは近年の注目トライアルである紫苑Sを快勝し、ここに駒を進めた。フェアリーSもあわせ中山重賞は2戦2勝。阪神内回りの適性は高そうだ。ローズSを差し切り勝ちしたアンドヴァラナウトは5枠9番から最後の一冠へ。勝ち鞍はいずれも直線が長いコースだけに舞台設定に不安はあるものの、デビューから手綱を取る福永の騎乗にはぜひ注目したい。

 中の人の注目は1枠1番のスルーセブンシーズ。紫苑Sでも注目したが、最内で包まれて完全に脚を余した印象。それでも2着に入ったという能力は侮れない。小回りの消耗戦は間違いなくプラスで、重馬場でも勝ち鞍があるだけに雨の影響も全く問題ない。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示