愛知杯の枠順が確定!

2022年1月14日 10:30

 たびたび高配当が飛び出している難解な牝馬ハンデ重賞「第59回愛知杯」。秋華賞3着からの始動戦となるアンドヴァラナウトは3枠6番に入った。デビューからの7戦すべてで3着以内と安定した走りを見せており、秋華賞では勝ち馬アカイトリノムスメと0.2秒差とGⅠ級の力を示した。このコースでは昨秋ローズSを制しており、舞台設定に不安はない。ここを飛躍への足掛かりとするか。

 国枝厩舎の実力馬・マジックキャッスルは1枠2番から連覇を狙う。こちらも20年秋華賞2着、21年ヴィクトリアマイル3着と能力はGⅠクラス。前走・府中牝馬Sでは15着と大敗も、態勢が整えば即巻き返し可能だ。勝てば鞍上の岩田望ともに重賞初制覇となるソフトフルートは5枠9番。前走・エリザベス女王杯では4着と健闘して実力を証明した。ハンデも53キロと手ごろで、好勝負が期待できそうだ。

 中の人注目は4枠8番のアイコンテーラー。ローズS8着後、2勝クラスと3勝クラスを連勝で突破するなどメキメキ力をつけており、全4勝を左回りの新潟で挙げているのも魅力的。51キロとハンデにも恵まれ、ここで一発があってもおかしくはない。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示