エピセンター ケンタッキーダービーへ順調

2022年4月14日 05:30

 先週土曜にニューヨーク、ケンタッキー、カリフォルニアの3州で行われた前哨戦の結果を受けて、5月7日に行われるケンタッキーダービーへ向けての勢力分布が、ほぼ固まった。

 第148回ケンタッキーダービー(ダート10F)で1番人気が予想されるのは、S・アスムッセン厩舎のエピセンター(牡3)である。2歳時に3戦2勝の成績を残した後、重賞初挑戦となった今季初戦のG3ルコントS(ダート8・5F)で2着になると、続くG2リズンスターS(ダート9F)を制し重賞初制覇を成し遂げた。その後、G2ルイジアナダービー(ダート9・5F)も制し、重賞連勝を果たして本番に向かうことになった。同馬は既に決戦の地であるチャーチルダウンズ競馬場に入っており、10日に現地における初の追い切りを消化。5F61秒0の時計を出し、順調な仕上がりをアピールした。

 現地では7日から9日にかけて、ケンタッキーダービー・フューチャーウェイジャーと呼ばれる前売りが行われ、エピセンターはオッズ4・6倍の1番人気に。日本から参戦予定のクラウンプライド(牡3)はオッズ25・6倍の12番人気となっている。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示