香港の賞金が歴代最高額に

2022年4月28日 05:30

 先週日曜日にシャティンで香港チャンピオンズデーが開催されたが、これに先立ち香港ジョッキークラブから、来季(22/23年)の賞金に関する発表があった。

 12月に行われるG1香港カップの総賞金が、今季の3000万香港ドルから3400万香港ドル(約5億7290万円)へ、G1香港マイルが今季の2600万香港ドルから3000万香港ドル(約5億550万円)へ増額。G1香港スプリントは2400万香港ドル(4億440万円)に据え置かれるものの、この3競走はいずれも、芝2000メートル、芝1600メートル、芝1200メートルのG1では、世界最高賞金競走としての地位を保つことになった。香港政府によるゼロコロナ政策のため、24日のチャンピオンズデーは香港調教馬のみで争われたが、12月までに門戸が開放されれば、暮れの香港国際競走は日本馬にとって、外貨を荒稼ぎするチャンスとなりそうだ。また、一般競走の賞金も増額され、ことにクラス1から3の1600メートルから2400メートルの競走では、前年比で20%以上も積み増しされることになった。この結果、香港における来季の総賞金は今季より11・5%増となり、歴代の最高額となる。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示