クラウン最大の敵はエピセンター

2022年5月5日 05:30

 日本調教馬初のケンタッキーダービー制覇を狙うクラウンプライドにとって最大の敵は、エピセンターであろうとみている。ルイジアナ州で、G2リズンスターS、G2ルイジアナダービーを連勝しての参戦となるのがエピセンターだ。中でも、リズンスターSで2、3着に退けたスマイルハッピーとゼンダンがその後、G1ブルーグラスSで2着と1着になっており、その内容は高く評価できる。ゲートを出るとすかさず好位を取ることができる先行力が武器で、成績同様にレース内容も実に安定している。逃げるのはおそらくサマーイズトゥモローになると思うが、3番枠という絶好枠を引いたこともあり、この馬を前にして好位で競馬を進めることになりそうだ。2歳時に2度、チャーチルダウンズでのコース経験があるのは強みだし、東海岸の前哨戦G2ウッドメモリアルSを制しての参戦となるモードニゴールにも乗ることができた名手J・ロザリオが、こちらを選択したというのも加点材料である。

 G1アーカンソーダービーを勝っての参戦となるサイバーナイフ、G1フロリダダービーを勝っての参戦となるホワイトアバリオらも、マークの必要な相手だ。(競馬評論家)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示