【札幌記念】トーセンスーリヤ、和生と意欲的に5F66秒0 小野師も笑顔「この馬の成長力には感心する」

2020年8月20日 05:30

ダートコースで追い切ったトーセンスーリヤ(撮影・千葉茂)

 宝塚記念7着、トーセンスーリヤの状態が上がってきた。横山和が騎乗したダートコースでの最終追いは意欲的に追われて5F66秒0。見守った小野師は「休み明けで体の緩さが心配だったが感じは良かった。何とか間に合ったね」と笑顔だ。

 北海道シリーズは3年連続の参戦。「洋芝適性は間違いない。G1の厳しい流れでも頑張っていたし充実している。この馬の成長力には感心するよ」と褒めちぎった。

特集

2020年8月20日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示