【北九州記念】モズスーパーフレア、“楽に”一番時計 馬場荒れた時間に馬なりで坂路4F50秒1

2020年8月20日 05:30

松若風馬騎手を背に坂路で単走で追い切るモズスーパーフレア

 日曜小倉メイン「第55回北九州記念」で始動する春のスプリント王モズスーパーフレア(牝5=音無)は栗東坂路で4F50秒1の一番時計。G1牝馬が酷暑を吹き飛ばす激走の予感を漂わせた。

 これがG1馬のパフォーマンスだ。松若を背に坂路を単走で上がるモズスーパーフレア。12秒6、11秒4…。ラップが一気に上がった。全くの馬なりながら、しなやかに躍動する四肢。ラストは12秒1にまとめてフィニッシュ。4F50秒1。「速い!」と声が上がる。この日の栗東一番時計を軽々と叩き出した。

 「先週追い切ってから良くなった。馬なりで凄くいい雰囲気。楽に時計が出るし、この時計でもオーバーワークにはならない」。松若は落ち着いたものだ。すでに多くの馬が駆け上がって馬場の荒れた時間帯。2番時計が50秒8だから、まさに圧倒と言っていい。自己ベストの48秒9を思えば50秒台は朝飯前かもしれないが、それでもこの速さには凄みがあった。

 勝つことで馬は自信を抱く。高松宮記念は2位入線からの繰り上がりだったが勝ったことは事実だ。馬は一皮むけ、調教に音を上げなくなり、食欲を増す。モズスーパーフレアもそんな好循環に入った。先週の時点で516キロ(前走494キロ)の好馬体。付くべき箇所に筋肉が付いた。それでいて重苦しさはない。全身バネのしなやかさ。竹中助手が明かした。「高松宮記念後の牧場のケアが良かった。いい状態で栗東に帰ってきた。昨年と同じローテーションで馬に落ち着きがあり、今年はさらに馬に柔らかみが出た。硬さがない。体の感じがいい」

 今秋の目標は当然、昨年2着だったスプリンターズS(10月4日、中山)の制覇。昨年の北九州記念は55キロで4着だった。今年は56・5キロを背負うが、G1馬となった今、泣き言は許されない。松若は「まだ枠が決まっていないが自分の競馬をしたい」。竹中助手は「逃げないと、みんな納得してくれないでしょう」。小細工なしの逃亡で今夏の成長の成果を見せつける。

特集

2020年8月20日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示