【ホープフルS】傾向と対策

2020年12月26日 05:30

 過去10年(13年までは阪神でのラジオNIKKEI杯2歳S)の結果から傾向を探る。

 ☆前走脚質 3着以内30頭中25頭は前走の4角通過順が「3番手以下」で勝率も8・6%。一方、「2番手以内」の馬は勝率4・1%と苦戦。先行馬より追い込み馬を優先したい。

 ☆コース経験 3着以内30頭中16頭は「東京&京都の1800メートル以下」で勝利経験がある馬だった。3着内率も43・2%と優秀。

 ☆人気 1番人気は5勝とまずまず。2、3番人気が1勝。4番人気が2勝と善戦している。

 結論 ◎オーソクレース ○ダノンザキッド ▲シュヴァリエローズ

特集

2020年12月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示