【YJSファイナル阪神第1戦】大井所属・吉井騎乗スカーフェイスV「力でネジ伏せてくれた」

2020年12月26日 13:45

<阪神7R・2020ヤングジョッキーズファイナルラウンド阪神第1戦> 直線、外から差し切った吉井章騎手騎乗のスカーフェイス(左) (撮影・亀井 直樹)

 「2020ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド阪神第1戦」が26日7Rで行われ、大井所属の吉井章(しょう)が騎乗したスカーフェイス(牡4=橋田)が勝利した。

 ヤングジョッキーズシリーズは18年に続き2度目の参戦。これが嬉しいJRAでの初勝利となった。「こういう機会をいただいて、結果を出せて嬉しいです。バタバタしたところや勝ち急いだ分はあったけど、馬の力でネジ伏せてくれました」。阪神芝のレースでの騎乗は初めて。「乗りやすかったですし、馬もリラックスして走ってくれましたね」と振り返った。

 園田ラウンド3位(31ポイント)で阪神ラウンドへ。このレースで30ポイントを加算、現時点でトップに立った。この後9Rで最終戦が行われる。

特集

2020年12月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示