【有馬記念】父は鹿戸調教師、馬事文化応援アイドル成瀬琴 ブーケドール大好き「端正な顔立ちで一生懸命」

2020年12月26日 05:30

有馬記念当てます!笑顔でポーズを決める成瀬琴

 初めまして!「桜花のキセキ」の成瀬琴です。初めて明かしますが、父は元騎手で現調教師の鹿戸雄一。その長女として馬に囲まれて育ちました。馬事文化応援アイドルとして活動しています。

 馬は私にとって、とても身近な存在。学生時代は馬術部に所属していました。競馬に興味を持ったきっかけは04年有馬記念を勝ったゼンノロブロイ!小学生の私にも競走馬の格好良さは分かりました。05年には英国遠征をしたのですがロブロイが好きすぎて、同行する父に約1カ月半、付いていきました。

 08年ジャパンCを勝ったスクリーンヒーローも思い出深いです。調教師に転身した父の初G1制覇。今でもヒーローの子供が走る姿を見ると胸がキュンとなります。

 さあ有馬記念。私の本命馬はカレンブーケドールです。どのレースでも最後まで一生懸命。そして端正な顔立ちが大好きです。デビューから全て4着以内。オークス(2着)では今回ファン投票1位のクロノジェネシス(3着)に0秒4差をつけ先着。ジャパンCでも3冠3頭に次ぐ4着でしたし、上位人気馬と差があるとは思いません。有馬記念最多4勝の池添騎手とのコンビも魅力です。そして…ホープフルS、鹿戸厩舎のランドオブリバティも頑張って!(馬事文化応援アイドル)

 ◇成瀬 琴(なるせ・こと)4月4日生まれ、茨城県出身。乗馬技能認定3級。英国のみならずドバイワールドCも現地で観戦したほど競馬に夢中。今年6月、桜花のキセキに加入。競馬予想番組に出演するなど活動の幅を広げている。血液型A。「桜花のキセキ」は馬事文化を通じて一つでも笑顔が増えるように――をコンセプトに「馬事文化応援アイドル」として18年5月から活動中。

特集

2020年12月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示