【ジャパンC】シャドウディーヴァ 坂路で抜群の手応え、斎藤誠師「いい状態で臨める」

2021年11月25日 05:30

アリエノール(左)と併せて追い切るシャドウディーヴァ(撮影・郡司 修)

 シャドウディーヴァは坂路でアリエノール(3歳2勝クラス)を1馬身ほど追走して抜群の手応えのまま併入に持ち込んだ。4F53秒2~1F12秒6。斎藤誠師は「先週にジョッキー(横山典)が感触を確かめてくれて、心も体もできていたので今週は調整程度。いい状態で臨める」と好調ぶりを伝えた。エリザベス女王杯を見送り、得意の左回りを選択。「オークス(6着)は勝ちに行ってバテたが、今の脚質なら2400メートルも許容範囲」と力を込めた。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示