【ジャパンC】サンレイポケット 1F12秒2で併入も手応え余裕、納得の高橋義師

2021年11月25日 05:30

鮫島克駿が騎乗し、パーティナシティ(右)と馬体を併せて坂路を駆け上がるサンレイポケット

 天皇賞・秋で4着に健闘したサンレイポケットがさらなる高みを目指す。鮫島駿が騎乗した坂路追いはパーティナシティ(5歳オープン)と併せ、4F53秒9~1F12秒2で併入も手応えは余裕。高橋義師は「先週、馬場(CWコース)で追い切ったので今朝は坂路。ハロー(馬場整地)から時間がたって走りにくそうに見えたけどジョッキーは動きも状態もいいと言っていました」と納得の表情。「距離は2000メートルがベストだけに何とか頑張ってほしい」と2F延長クリアを願っていた。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示