【ジャパンC】マカヒキ 8歳も若さあふれる動き!友道師「毛ヅヤ良くなっている」

2021年11月25日 05:30

坂路を滑らかなフットワークで駆け上がるマカヒキ

 今年のジャパンCは華やかなメンバーがそろった。来日した外国馬3頭はいずれもG1勝ち馬とバリバリの能力が備わっている。日本馬に地の利があっても脅威の存在になるかも。

 迎える立場の日本馬は4世代ダービー馬がそろい踏みとなる。最年長の8歳マカヒキはこの日、坂路単走で追い切った。しまいをサッと伸ばし、4F53秒5~1F12秒6でゴールへ。一時期より素軽さが増した印象だ。友道師は「しまいを伸ばして動きは良かった。前走以上の状態に仕上がっている」と好感触だ。

 前走・京都大賞典は16年ニエル賞以来、約5年1カ月ぶりの勝利。積極的な立ち回りが結果につながった。道中7、8番手の位置取り。意識して前へ。直線は間を割りながら闘志をかき立て、ゴール寸前でアリストテレスを鼻差でとらえた。「それまで歯がゆいレースがあったし、なかなか勝てなかった。でも常に頑張って走っていたからね。ここまで大事に使ってきたから、まだ体がいい意味で若い」と目を細める。

 そう、指揮官も口にするのが8歳とは思えない若さだ。この中間、厩舎周りの運動を見ていてもハツラツとした身のこなし、しぐさが印象に残っている。この日も朝日に照らされ、体がピカピカに光っていた。「前走後、在厩で緩めることなく調整して毛ヅヤが良くなっている」。さらに調子は上向きとみていい。

 舞台は16年ダービーで世代の頂点に立った東京2400メートルだ。「一番合っている条件だと思う」と歓迎。過去このレースは3回、出走して17年と19年が4着、20年は9着だった。今年はきっと、ひと味違う――。息を吹き返した実力馬がレース史上最高齢となる8歳Vを目指し、思い出の地に立つ。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示