【ジャパンC】ユーバーレーベン完成!Wコース3頭併せでモチベーションUP 初の古馬相手にも手塚師自信

2021年11月25日 05:30

レイエンダ(右)、ゴーフォザサミット(左)と併せて追い切るウインドジャマー(撮影・郡司 修)

 近年、好走が目立つ3歳牝馬はオークス馬ユーバーレーベンがスタンバイ。美浦Wコース併せ馬で気合を乗せ、叩き2走目で巻き返しを図る。

 調教は地味なタイプだからこれでいい。ユーバーレーベンが休み明けの秋華賞(13着)を叩き、上昇カーブを描いている。Wコースの3頭併せ。軽快な脚さばきで5F68秒0~1F11秒9。外ムスコローソ(6歳3勝クラス)とは併入、内アルビージャ(3歳3勝クラス)に半馬身先着。17日の1週前追いで、ムスコローソに追いつかず2馬身遅れでゴールしたのと比べると、格段に俊敏になった。

 手塚師は穏やかに切り出した。「この子の場合、気持ちを途切れさせないことが大切なので常に併せ馬。3頭の真ん中で闘争心を競馬に向け、モチベーションを上げることをメインにした。調教はもともと良く見せるタイプではないけど、今週は十分合格点です」。

 今年前半は一戦ごとにスキルアップし、春最後のオークスで大仕事。ロングスパートで粘り強く伸び、G1初戴冠を飾った。秋初戦の秋華賞はぶっつけ本番。指揮官は「オークス後の軽い脚部不安で秋華賞は間に合ったというより、正直間に合わせたという状況。レース後、脚元も問題なく、状態がアップしたのが何より。体の張りも出て、走る気持ちも出ている」と心身の上昇を感じ取っている。

 初の古馬挑戦。それも国内最高峰のジャパンC。同師は「なかなか、オークスのようにはいかないでしょう」と挑戦者の立場を強調する一方、オークス優勝舞台の適性に望みを託す。

 「大回りの東京2400メートルはジョッキー(Mデムーロ)も適性を感じてくれている。3歳牝馬ということで、重量面(53キロ)も若干有利になる。秋華賞後は順調にレベルアップしているので、この子の適性に懸けたいと思う」

 過去10年、3歳牝馬は12頭が出走して【2・2・1・7】。12年ジェンティルドンナ、18年アーモンドアイがV。連対率33%の好成績を残している。3歳牝馬がやたらと強いジャパンC。4頭のダービー馬対決で話題は沸騰しているが、最新オークス馬のユーバーレーベンこそ魅惑の上昇馬では!?

 《好走目立つ3歳牝馬》3歳牝馬は近年ジャパンCで好走が目立つ。優勝した12年ジェンティルドンナ、18年アーモンドアイ以外にも13年デニムアンドルビーと19年カレンブーケドールが2着。昨年の3冠牝馬デアリングタクトも3着に頑張った。ユーバーレーベンがジャパンCを勝てば、3歳馬のVは18年アーモンドアイ以来で8頭目。3歳牝馬のVは史上3頭目となる。

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示