【ジャパンC】キセキ 躍動感あるフォーム、辻野師「明らかに前走よりいい状態」

2021年11月25日 05:30

CWコースで追い切るキセキ(撮影・亀井 直樹)

 三度目の正直がないか?ジャパンC3回目の挑戦になるキセキ。先週CWコースで6F79秒8~1F12秒3の猛調教を消化し、この日は馬なり。同じくCWコースに入り、6F87秒6~1F12秒3で流した。「トップスピードに乗ってから躍動感がありました。走るフォームが良く、気持ちも向いている。明らかに前走よりいい状態」と話す辻野師の表情からは歴戦の7歳馬への敬意が感じられる。「紛れのない東京の2400メートルはこの馬に合っている。瞬発力勝負では分が悪いので持久力勝負に持ち込みたい」のコメントから2着に入った3年前のような逃げの手が読み取れた。 

特集

2021年11月25日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示