【香港スプリント】ダノンスマッシュ軽快!父に続く有終連覇へ視界良し

2021年12月9日 05:30

ダノンスマッシュ(撮影・亀井 直樹)

 JRAが馬券発売する香港国際競走(12日、シャティン)の最終追い切りが8日、シャティン競馬場で行われ、父ロードカナロアに続くスプリント連覇を狙うダノンスマッシュ(牡6=安田隆)は川田を背に芝コースで軽快な動きを見せた。日本馬12頭が4レースに参戦。出走メンバー、枠順は9日に決定する。

 ラストランに選んだ香港の地に、ダノンスマッシュが戻ってきた。この日の最終追い切りは川田を背に芝コースへ。走り慣れた馬場を軽快な脚さばき駆け抜け、6F81秒8~2F23秒1のタイムをマーク。動きを見守った藤巻助手は「落ち着きがあり、キャンターに下ろしたら元気があって前向きさも感じられました。オーバーワークにならないように調整。順調に来てます」と感触を口にした。

 昨年の当レースを勝ち、ロードカナロアに続く父子制覇を達成。国内のG1ではなかなか勝ち切れなかったが、異国の地で悲願のタイトルを手にした。帰国初戦だった今年の高松宮記念もV。再び遠征した春のチェアマンズスプリントプライズはG1・3連勝を狙ったが6着に敗れた。安田隆師は「春に香港に遠征した時はレースの間隔も詰まっていたしオーバーワークになってしまった」と振り返る。

 春は中3週での遠征競馬だったが、今回はスプリンターズS(6着)から中9週と間隔を空けて臨める。指揮官は「昨年と同様、ゆとりを持って臨めるレース。条件的には全く心配していない」と反撃に燃える。

 ここがラストランとなり、来春からは種牡馬入りが決定。父も管理していた師は「ロードカナロアの子でG1を勝ってくれて思い入れの深い馬です。最後も勝ってくれて、父子で香港スプリント2連覇となればいいですね」と力を込めた。12&13年の当レースに連覇し、香港で引退した父の再現Vを狙う。

特集

2021年12月9日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示