【阪神JF】冠名「ウォーター」2代目・山岡正人氏 愛馬に「武」との縁を感じて

2021年12月9日 05:30

芝コースで追い切るウォーターナビレラ(撮影・亀井 直樹)

 【激ウマ情報】冠名「ウォーター」は父から子へ。2代目として引き継いだ山岡正人氏はこの日、栗東トレセンを訪れてウォーターナビレラの調教に目を凝らした。本紙の取材に「父の葬儀はコロナ下だったので誰にも知らせず家族葬で営みました。(ファンタジーSが)初めての重賞勝利だから父にいい報告ができました。レースを終えて引き揚げてくる時にユタカくんが馬主席の私にガッツポーズをしてくれたんですよ。泣きそうでした」と振り返った。母系の4代前にトウショウボーイがいる血統に「トウショウボーイといえばタケクニ(武邦)さん。この馬はそういう縁で結ばれているんですかね」と不思議がっていた。

特集

2021年12月9日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示