【阪神JF】ベルクレスタ 坂路で上がり重点、須貝師は納得の笑み「これで十分」

2021年12月9日 05:30

松山弘平騎手を背に坂路を単走で追い切るベルクレスタ

 ベルクレスタは1週前の坂路で4F51秒1の猛時計。最終調整は松山が騎乗し、同コースで上がり重点。4F55秒0~1F12秒4で駆け上がった。須貝師は「先週あれだけの時計が出ているので、これで十分」と納得の笑み。前走のアルテミスSは2着に甘んじたが、「勝ちに行く競馬。能力は示した」と悲観ムードはない。本来の切れ味発揮なら姉(アドマイヤリード)に続くG1制覇も。

特集

2021年12月9日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示