【マイルCS】インディチャンプ&アウィルアウェイ “兄妹の絆”見せるか

2020年11月18日 05:30

 安田記念3着以来の実戦となる昨年の覇者インディチャンプ、スプリンターズSで鬼のような追い込みを見せたアウィルアウェイは、同じ母ウィルパワーから生まれた1歳違いの兄妹。妹のマイル部門参入で実現した初めての“共闘”である。

 マイルチャンピオンシップにおける「きょうだい出走」は過去に09年マルカシェンク、ザレマ(母シェンク)、14年クラレント、レッドアリオン(母エリモピクシー)、16年クラレント、サトノルパン(同)、18年ミッキーグローリー、カツジ(母メリッサ)の4回。これはJRA非世代限定平地G1でチャンピオンズC(前身のジャパンCダートを含む)と並ぶ最多だが、延べ8頭の出走で18年カツジの4着が最高着順と、結果の方は芳しくない。ちなみに94年ジャパンCでアメリカ調教の招待馬グランドフロティラ(8着)の半弟マーベラスクラウンが優勝した例があるものの、今のところ日本調教馬の「G1きょうだい出走」では07年有馬記念2着のダイワスカーレット(兄ダイワメジャー3着)、16年チャンピオンズCで同じく2着のアウォーディー(弟ラニ9着)が最良の成績となっている。

 マイルチャンピオンシップは連覇の頻度が高い(過去5頭)G1でもある。もしかすると競馬の世界にも“兄妹の絆”のパワーワードが波及することになるかもしれない。(サラブレッド血統センター)

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示